くらしのレシピ♪

快適な毎日を過ごすための住まいのご提案をしています~

2012年05月

もうすぐ5月も終わりですね。。。
またジメジメした梅雨がくると思うと、ゲッソリです。
はやく梅雨あけしないかな~と
梅雨入りする前から思っているaoです。


会社の駐車場にて。
ふと横の車に目をやると。。。ハンドル中央にマスキングテープがベタベタっと
貼られていて、やる事リストが書き込まれてました!



ものすごく斬新!
でもこれなら、どんなに忙しくても絶対に忘れないな。。。

忙しくなってくると、やらなければいけない事が抜け落ちてしまう時があります。
ここ最近、私も非常に反省しなくてはいけない事がありました。。。

この車の持ち主。三津井さんの意気込みを見習いたいと思います。

お久しぶりです、今野です
今日も良いお天気でしたね
お子様が運動会、なんて方もいらっしゃったのでしょうか

さて、昨日のブログにて阿部も書いておりましたが5月18日から21日まで、当社スタッフ5名+業者さん2名で宮城県へ行ってまいりました。

DSC00738


震災が起きてから1年2カ月ちょっとたちましたが、当社では定期的にスタッフを派遣して、ボランティアをさせていただいております。

今回も前回・前々回と同じく、懇親会にて仮設住宅の皆さんに石川県のとり野菜鍋を食べていただきました
準備の様子です
DSC03268



セルコホーム本部の方々も合流して、皆で協力しあいながら頑張りました
鍋の他にも、玉こんや白玉だんごなどを作りましたよ

また、男性陣は仮設住宅に棚を取りつけたり、ベンチを塗装したり、草むしりをしたり
とってもお天気が良くて日差しが強い中、皆一生懸命でした

DSC03382


DSC03245



懇親会が終わった後は、セルコホーム本部の方に案内していただき、被災地を見てまわりました。
DSC03341
DSC03325
DSC03367
DSC03368

がれきの山、積み上がった無数の車、がれきが処理された後のまっさらな地面、倒れた建物。

やはり石川県にいて、ニュースを見たり現地を見てきた人の話を聞くのと、自分の目で実際に見るのとでは全然違いますね。

被災された方々のお話を聞き、メディアでは報道されないような生々しい事実を知り、色々な現実を目の当たりにしました。

そして、被災地の方々は

『決してこの震災を忘れないでほしい。
忘れられることが一番つらい。』

とおっしゃっていました。

実際、震災から1年が過ぎた頃から、仮設住宅へ訪れるボランティアの数がほとんどなくなったと聞きました。

私はこの言葉を胸に刻み、石川県に帰ってきました。
自分の目でみた物、自分の耳で聞いた話、自分の心で感じたことを決して忘れず、これからもできる限りの支援を続けようと、改めて思います。

そしてこの事を友人や家族、一人でも多くの人に伝えていきます。
どうか一日も早く被災地の復興が進みますように。被災された方々の心の傷が癒えますようにと願っています。


1

皆様ご無沙汰しております。営業の阿部です
やっと暖かくなってきたと思ったら夏日のような気温・・・ところが!寒くなったり・・・

 体調は崩されていませんでしょうか?
気温差で体調を崩しやすいですのでしっかり食べていきましょうね!!

さて5月18日より仙台へボランティア活動に行かせていただきました。ボランティアなんていうのは大変
おこがましいですが・・・いろんな方に会いに行かせていただきました。

以前より何人かリアルタイムで中継していたと思いますが乗り物酔いしやすい私は
とてもできないのでひと段落して書かせていただきます。


今回行かせていただいた 石巻・女川地区は以前行ってきた社員の写真と見比べてみて
ある意味では片付き ある意味では何も変わっていませんでした。
061104

流されてきた物 壊れた物全てが片付いていました。
それだってきっと気の遠くなるような作業だったと思います。
悲しい現実もたくさんあったと思います。

今は、全てが片付けられて整然と静まりかえって 何もかもが消えてしまったような何とも言えない景色でした
スタッフは、当時の様子を聞く他は この状況を写真に残し、みんな言葉数は少なかったです。

562926

今回は当社の社長に「是非見てきなさい!」とおおせつかり、潮見町の廃棄物処理の状況も見てきました。
海水に浸かって、もはや動かない車は延々と積み上げられて道路脇に続いていく様子や 
山のようにどこまでも続く、分別されたが未処理の廃棄物の山が永遠に無くならないかのように
どこまでも続いていました。 
そして、当然ここ一箇所だけではなくいろんな所にこの問題は留まっているのです。

なかなか瓦礫の受け入れ先が無く、瓦礫処理のプラントを建設して処理をしていくように進んでいる
と伺いました。処理場を作ることを考えても、途方も無い時間がかかるとおっしゃっていました。

521500

壊れた建物の見ても、その破壊力の凄さに言葉が出てきませんでした。当時ここにいた人達は押し流されたのではなく、同じ力で叩きつけられたようなものだったのではないのか?
亡くなった人達の苦しみがどうか一瞬だけであって欲しいと考えると苦しくなりました。
その場の今を見ることの意味を考えます。

4129

どうかおきてしまったこの出来事が次の未来に良き様に生かされますように
そして起きてしまった悲しいでき事を伝えること、自分なりにできる事をする。
という小さなことからどんな物にも繋がると思っています。


大変ご無沙汰しております。
aoです。
いやー、書かなくなると書けなくなってしまうものですね。。。
非常に筆?が重いです。

春先はリフォームシーズンとゆう事もあり
我々リフォーム女子部隊、若干ブログの存在を忘れつつ
日々の業務に追われています。。。

ちょっと視野が狭くなっていたところに
ふと、日常の中の安らぎ?をもたらしてくれたのが

13379052645941

女子社員専用の洗面カウンター脇に、ある日突然飾ってあった
生バラのかご盛り!
13379052472110

あまりの贅沢な使いっぷりとゴージャスさに感激!

こんな素敵な仕掛けをしてくれたのが、総務の谷岡さん
我社の受付嬢です!w
no title
タケダ電気さん(協力業者)が、自宅に咲いたバラを
たっくさん会社に持ってきてくれたそうなんです。
(奥様に持たされたといゆう表現の方が正確かもw)

活け花に興味があるだけで、センスは無いaoなら
大きな花瓶にドーンと差し込んで終えるであろうところを
あんなに大胆&ゴージャスに、そしてさりげなく飾ってくれるとは
さすがです!女子力高しっ!

タケダさん、谷岡さんありがとう!

こんにちは、インテリア大好き hitomi です

森番のブログでも紹介があった通り
東北ボランティアの当社スタッフのみなさん
道中無事でありますように・・・

http://kurashino-moriban.diary.to/




さてさて、明日、あさって

イオン御経塚で太陽光発電のイベントを
南エントランス(フードコート前)で行います!
※北國新聞にもチラシが入ります。

今回はピエロさんがバルーンアート
を披露してプレゼントを作ってくれますよ~。

P1000052


ちびっこのみんな~楽しみに待っててね~





そして、そして!
今週末の日曜日は恒例インテリアクラブでの
お勉強会があります。

http://www.704417.jp/salon/index.html


今回のテーマは
『壁に絵を、部屋にグリーンを』

インテリアでおなじみの外部講師のサマンサと、
今回ははなあしらいセレソさんさんにも
いろいろとグリーンの為になるお話を・・・
予定しています。


会場がひろくなったので、随時会員も募集しています。
お友達と一緒でもOKですよ。

ご予約、お待ちしています~。

このページのトップヘ